人にどう思われているかで疲れている人に効く、アドラー心理学

絵描きと会社員のパラレルワークをしています、Yuko (@uu_yu) です。

「パラレルワーク」という働き方をしていると、いろんなことを言われますし、いろいろと人の目もあります。

SNSやブログにこうして自分の話を書いていることも。ビビりなわたしにとって、最初はけっこう勇気のいることでした

 

この記事は、やりたいことがあるけれど モヤモヤしている人に伝えたいです。

表面と内面で少し違和感があるとき。

ちょっと勇気を出したいとき。

 

わたしに効いたのは、心理学者 アドラーの話。

すこしでも自分の中の違和感で悩んでいる人には、ぜひ知ってほしいです。

 


まずは、空気を読む日常のストレスを手放す

空気を読みすぎてつかれた。

 

わたしもそうでした。

 

周りの人からどう思われているか気にしてしまう。だれにでもあること。

アドラーの心理学では、周りの目を気にしてしまうメカニズムについて語られています。

 

そもそも・・・空気を読むってなんやねん

現代にできた “空気を読む” という謎のスキル。

これを一定以上持ち合わせていないと、自分の知らないところで “KY”と呼ばれることになる。

友だちにも職場でも、このマイナスイメージのレッテルを貼られないように、無理して気を配ったりして。

期待を裏切らないように、背伸びもしてしまう。

 

たとえば、何気ない日常会話で。

「OOにハマってるんだ〜 」って言おうもんなら、なんか・・・とことん知ってないと「にわか」とか「ミーハー」とか呼ばれちゃうような・・・そんな空気ないですか?

そう思うと、好きなことすら (やっぱり言うのやめとこう)ってなっちゃったり。

 

常に見えない何かを期待されて、相手のそれを ちゃんと満たしてあげなきゃいけない気がする。

 

 

そういうの、、、なんだか疲れた!

 

 

このマイナスに作用して苦しめられる、「人にジャッジされてる感」は一体どうすればいいのだろう?

 

アドラーの心理学によると・・・

つらさを引き起こしているのは自分

アドラー心理学によると。

周りに合わせてしまうのも、期待に応えようとがんばってしまうのも、自分が引き起こしていることなのです。

 

少しわたしの話をさせてもらうと、

会社員に転職したてで、周りは 全くあたらしい人たち。

「この人たちに嫌われないように。」と思って、いままでとは違う自分を演じてしまってた時期があったのです。

 

妙にヘコヘコして、色んな人に愛想振りまいて、よいしょトークなんかしちゃって。・・・してたつもりだった。
(もしかしたら実際は大してよいしょトーク出来てなかったかも。。。汗)

わたし自身は最大限によいしょしてて、外見も悪目立ちしないように、地味目にしたり。

とにかく、表面にどう見えてるかを気にしちゃってて・・・それはとっても苦痛だった。

 

偽物の自分になってまで避けていたもの。ほんとに逃げていたものとは?

いろいろ気にしてしまってつらい。でも心理学者のアドラーに言わせれば、それは逃げ。

本来向き合わなければいけないことから逃げていたことになる。

 

偽物の自分になってまで、避けているものがある。

そしたら、ほんとうに逃げていた現実とは?

 

「人から嫌われるかもしれない」という現実からの逃げ。

自分の素直な感情や振る舞いをかくして、偽物の自分になってしまう理由はこれだ。

 

もし、自分が偽物になる前の、そのまんまの自分だったら?

 

そのままの振る舞いをしていたら、わたしは嫌われていたかもしれない。

素直な自分の行動が嫌われたら、それは本来の自分が否定されるということ。

それは自分の否定につながる。だから、ツライ。

 

つまり、「本来の自分が嫌われる」という現実のツラさを受け入れることからの「逃げ」の気持ちから出てしまう行動なのだ。

 

逃げないためにはどうしたらいいの?

人から嫌われることから逃げないこと。それがあの有名な本、「嫌われる勇気」なのです。

いや、ふつうに人から嫌われたくないよ。。。

では実際に、具体的なシチュエーションでいきましょう。

職場で、わからないことを聞きたくて話しかけても、なんかわたしにだけ反応が違う。

(__あ、わたしちょっと嫌われてる)って感じてしまう対応をされたとする。

あからさまに無視されたり、嫌な顔されたりとか。

え。もうキツイですね・・・

実際そんな状況にぶち当たったら、きっとツライしうまく扱えない。

そもそも職場だったら、仕事も滞るし不便もでてきて、仕事がすすまないのもめんどくさい。

Yuko
いっそのこと勘違いだったと思いたい。人に嫌われてるなんて思いたくない。。

 

「嫌われたくない」の裏を返すと・・・

「人から嫌われたくない。」それって言い換えると、自分が人から嫌われる要素を持っているんだっていう事実も認めたくないからじゃない?

それが嫌だからじゃない?

その事実を受け止めるのがツライからじゃない?

その嫌われてる自分の中のダメなところを直す努力を、したくないからじゃない?

 

と、いう考え方にもつながるのだ。

Yuko
ボクシングなら、コーナーに追いやられて連続パンチくらってK.O.って感じですね。
補足
あくまでこれはアドラーの心理学の考え方です。 

そもそも、万人に好かれる人はいない

嫌われるほど、自分らしい証拠

上の話をはじめて聞いたとき。アドラーってかなり追い込むようなこと言う人だなあ・・・と思った。でも、すごく納得もした。

生きてれば 必ず だれかには嫌われている。

 

できれば多くの人に好かれたい。そう思うのが人間だ。

だけど、一定の人に嫌われるのは、もう仕方ない。

 

逆にね。嫌われるってことは、人に嫌われる要素をちゃんと表面にだせている、自分は自分らしく生きてられているという証拠で、なんとも喜ばしいことなのだから。

 

そういうふうに現実を受け入れたら、毎日は、人生はもっとラクになるはずだ!

 

Yuko
うん。自分には人に嫌われる部分が少なからず、ある。

ダメなところを直すのも、スバラシイこと。

でもね、もしダメなところも直せるなら。

直すことで自分の人生が楽しくなるならば、それはそれでいいんじゃない?

 

表面を取り繕って、偽物の自分になって、職場でうわべのイエスマンになってもツライと思う。

会議中も実は主張したい意見があるのに言わないでいたり、心の中では違うと思っているとストレスも溜まる。

一方で、仮に自分の主張を伝えたとき。

これ言ったら幻滅されるかもしれないし、期待に沿わないかもしれないし、嫌われるかもしれない。

向き合わなければならない現実があるかもしれない。

自分の伝え方は下手でうまく伝えわらない、とか

自分が持っている考えの欠点を指摘されるのが恐い、とか

相手と言い合いになったとき言い負かされたら嫌だ、とか

こう思っているのは自分一人だけだったらどうしようとか。

 

その先に待っているツライ現実から逃げるための言い訳にすぎない。

 

このツライ部分に、一旦向き合うことができれば!

 

人に伝わりやすい “伝え方” を学んだりすることができるし、

足りなった知識も増えるし、

激しい言い合いになったとしても、実は互いの言い方が違うだけで本当は同じ意見だった、なんて結末になるかもしれない。

 

何より、隠さない自分でコミュニケーションして通じたときの喜びは、とってもしあわせだ。

新種のコンプレックス

自分が見られているという思い込みのコンプレックス

嫌われないようにする行動
=他者にどう見られるかを意識してるってこと。

自分は常に人から見られていると思っている。

これはアドラーのいうところの “優越コンプレックス” の一種で、自分は人に見られてるだけの価値がある と知らないうちに思っているから。

自分で自分の理想を高くして苦しむのも、優越コンプレックス。

 

え、劣等感だらけだと思ってたのに、なんかショック
と思ったあなた。

その通り。劣等感と優越コンプレックスには繋がりがあるです。

 

でも話が長くなるので、この話はまた今度に。


なぜ絵を描きたいと思うのか? 人にどう思われるかを気にせず、自分なりの答えを見つけました。よかったら合わせて読んでみてください。

 

 

✔Twitterフォローしてね!

もしお役立ち記事だと思ったら、ぜひYukoのツイッターをフォロー
ブログの感想なんて教えてくれたら喜びます^^