“絵描きのてつがくスケッチ” を書いてる人 – Yuko (ユーコ)

//  ENGLISH Profile  // 

まずは1分プロフィール

Yuko (ユーコ) 絵描き

– 略歴 –

1986年生まれ。

ファッションデザイナーを辞め、勢いでフリーでの制作活動をするも現実は甘くないと知る。

 

2012年 ロンドンへ留学。

人生観が一転。絵本が描きたい、子ども向けのお絵かき教室を開きたいと新たな夢を抱く。

帰国後、(留学で貯金をはたいたため)転職ジプシーをしながらも 絵を描きつづける。

29歳から30歳になるタイミングで、人生を見直し。

もっと好きなことをしたい!と絵描き活動を本気でスタート。コネなし&非美大卒のゼロスタートを切る。

現在、絵描き& 会社員のパラレルワーカー。

IT企業で働きつつ、国内外でのクライアントワークや子ども向けのボランテイア活動をしながら、作品制作に励む。

\\ 2018年から最近まで //
どんな活動をしている人か?は、ぜひこちらの記事で。

心には、いつも喜びを抱いているように。これが人生で最も大切なことなのだから。

ニーチェのことば

 

Yuko(ユーコ)の中身は こんな人。3分プロフィール

こんにちは!活動内容の紹介ではなく、ユーコの中身だけの話です。もし似てるとこがあれば、気が合いますね〜!是非、ゆるっと仲良くしてください。

初代ゆとり世代です。「好きなことしかしたくないなぁ…」

わたしは1986年生まれ。

小学校の途中からかな?急に “個性” を重んじるゆとり教育が始まりました。

とは言え。親や会社の先輩や上司はちがう。わたしたちよりも圧倒的に上下関係とか慣習とかを大事にする世代。

優等生の “型” や教えられた成功モデルも、わたしたちは小さい頃からそれなりに洗脳されてインストールされています。

 

そう、わたしたち初代ゆとり世代は、

「ひと世代前のコンサバな常識」と「個性を大事に!」という考え方の間に ぎゅ〜っと挟まれて生きている世代なのです。

 

自分だけの人生を生きたいけど、周りの期待も気にしてしまう。

わたしにもそんな風に苦しんだ時期があり(今でも定期的にやってくる)、自分が一体何者なのか分からない。

何度となく訪れる人生見直し期間

 

わたしは人生見直し期間中、こんな風に思いました。

 

理想の未来。理想の人生って、正直言っちゃえば...

Yuko
絵描いて、散歩して写真撮って、本読んでぼーっとして、好きな時に寝たい。
そんな人生最高!

ホンネって そんなもんじゃないですかね?笑

究極のホンネと理想は、自由で無重力な生活。

 

できれば大都会すぎる東京を離れて、自然のある場所に住んで。

3年くらいでまた違う場所へ移りたいな〜。国が違っても楽しいな〜。

なんて自由に妄想しだすと、夢しかふくらまないですよね♪

 

それがわたしの再スタートの原動力で、理想の未来の姿ですね。

 

天才になりたかった

小さい頃からずっと絵を描くのが好きでした。

 

絵が描きたくてファッションデザイナーになったと言っても過言ではありません。

 

スケッチブックもチラシの裏も教科書も… 

いつでもどこでも絵を描いていました。

 

学校の絵画コンクールに出すと いつも賞をもらえたし、みんな褒めてくれた。そんな子供時代でした。

 

今でも絵を描くことは大好きだし、自分らしい絵があるって自負もある。

 

でも、わたしは天才じゃない。

 

 

ファッションの専門学校に通ってた時、最初にショックを受けました。

自分が育った田舎では知らなかったこと。

よくある話だけど、狭い田舎では出会わないようなタイプの、センスがぶっ飛んでる天才が 都会にはたくさんいる という現実を知って。

 

例えば、わたしが出会った天才はこんな風に言っていました。

「自分の手は神に与えたれたものだから、使命を果たすために作品を作る。この手を止めてはいけない。」

「え?」って聞いた側は思ったけど、その子はもう本気で素で言っていて、クラスメイトとか、周りの人にどう思われるとか全く気にしてなくて。自信満々で実力もマインドも天才だった。

きっとホリエモンのいう “多動力” を持つ人も、同じ類の人なんだろうなと思います。

 

持っている人はカッコイイなと思うんだけど・・・そういう沸々としたアグレッシブな天才の血は、残念だけどわたしには無い。

それがコンプレックスでした。

 

けど、みんながそうである必要はなくて、やりたいことの積み重ね方や進み方、見せ方だって、人それぞれの形がある。

コンプレックスを受け入れてからは、そう思えるようになりました。

わたしはマイペースに。コツコツゆっくりと。

 

七転び八起き。

Yuko
昔、ユーコはリアルファイターだね!と言われました。笑

わたしはよく転びます。

リアルに、歩いててぶつかったりも転ぶので青アザだらけの脚のおっちょこちょいですが、そういう意味だけじゃなく。

 

「たくましいね〜」と友だちや家族からよく言われるのだけど、

興味を持ったらとりあえずやってみる!を続けていく分、転ぶこともものすごく多いんですよね・・・

 

フリーで制作活動。食べていけなかった

昔、自分の好きなものを作りたい!と思い立って、なんのアテも知識もないのにデザイナーを辞めて、フリーで制作活動を始めました。

お小遣い程度にしかならないのに、引きこもって創作活動しかしなかったので、

親は不安でしょうがないから、認めてはくれないですよね。

生計を立てられてない当時は、かなり親と気まずくなってしまったのです。

 

「行ってみたい」だけで海外へ

「海外に行ってみたい!」と。行きたいという気持ちだけで さいしょに飛び出したのは2018年のこと。

友達のいるニューヨークに初めてひとりで飛行機に乗り、2週間の美術館ざんまいの旅

しかし、旅の途中で足をケガして松葉杖で帰ってきました。

 

調子にのって翌年。

英語ができないのにパリへひとり旅(もちろんツアーじゃない)へも行きました。

他にも、出張で中国、香港、韓国へ行かせてもらった経験はわたしのキャリアを大きく変えるきっかけにもなりました。

 

「住んでみたい」だけでロンドンへ

海外でのアドベンチャー感に味をしめたわたしは、今度は「海外に住んでみたい!」の一心で、

ロンドンへしばらく滞在するとを決めました。

人生が変わるような、夢をふくらませながら。

 

ついにリアルファイターの称号をさずかる

ロンドン滞在中のネタはいくらでもありますよ〜。

今では笑い話だけど、闇物件を引き当てて夜逃げしたり、ビザで問題が発生して国外退去することになったり・・・

それはそれはトラブルが絶えなかったのです。笑

Yuko
色々あったおかげで、側で見ていたイギリス人の友だちからは「You are リアルファイター!」と呼ばれていましたよ!

失敗エピソード。よかったら役立ててください!

といった感じで、やりたいと好奇心を持ったら とりあえずやってみる!で やってきたおかげで、楽しく、それなりに失敗もしながら元気にやっています。

このブログでは、はずかしい失敗エピソードもガンガン載せていますので、わたしの記事を読むことで失敗回避に役立ててほしい!と思っています。

 


 

ここまで読んでくれてありがとうございました^^

 

たま〜に弱音も吐きながらですが、絵を描きたいという気持ちに正直に、やりたいという気持ちに素直に進んでいきたいと思います。

 

わたしが絵を描く理由も素直に綴っていますので、こちらも読んでもらえると嬉しいです。

最近どんな活動をしていたか?はこちら、 新元号になる前に、2018年からやってきたことを振り返る の記事でお伝えしています。

 

わたしと同じように、好きなことがありながらも進むべき道に悩んだり 未来の自分が見えなくなったりしてる誰かにとって、少しでも気がラクになったり 元気になれるきっかけなれば、わたしも記事を書いている意味があるのかなと報われます^^

 

最後はわたしの好きな心理学者、アドラーのことばで終わります。

 

人間は 自分の人生を描く画家である

心理学者 アドラーのことば

ぜひ @Twitter をフォローしてリアルタイムの情報を入手してくださいね!

Yukoはどんな絵を描くの?→→ @Instagramでチェック!

オリジナルグッズはminnesociety6でゲットできますよ〜!

 

Yuko(ユーコ)のことをもう少し知ってみようかな!という方はこちらのエピソードも合わせて読んでみてください

【30歳になる前】 変わりたいと思った

好きなことしようと決意して、最大限「自分」に投資した30歳をふり返ってみた!

2017-11-08

【20代】 海外へ行く度に、人生観を揺さぶられた話

「外国で人生観変わった」はありがちだからこそ真実

2017-04-30

【高校生】 はじめての人生の選択

はじめの一歩は小さくて強い!反対された進路と夢の話

2017-04-30

“好きなことがしたい”あなたには、この話も合わせて読んでほしい!

成功と幸福はちがうということを知ったら、生き方が楽になった

2017-06-04

パラレルワーカーってなに?リアルに実感した、3つのいいところ!

2017-10-30

わたしがこのサイトを立ち上げたきっかけ