[ウィーンひとり旅] クリムト好きにオススメの美術館5選

ウィーンといえばグスタフ・クリムト

不思議な引力で惹きつけられる、中毒性のあるクリムトの絵。

2012年は、クリムト生誕150年のクリムト・アニバーサリー・イヤーだった。

 

そのタイミングで運よくロンドン留学してたわたしは、

「こりゃウィーンに行くっきゃない!」と迷いなくひとり旅を決行。

ロンドン発の2泊3日ウィーン女ひとり旅で、思いっきりクリムト漬けの旅を楽しんだのだー!

 

数年たった今でも目に焼き付いている。

 

 

この記事では、クリムト好きのためのウィーン オススメ美術館5つをご紹介するよ。

 

「時間の限りもあるし、全部周るのはキビシイ。」という人には、

どこへ絶対行きたいのか?旅のプラン作りのお役に立てればうれしいです!

 

 

ウィーンのオススメ美術館5選!

 

● ベルヴェデーレ宮殿 オーストリアギャラリー/ Osterreichische Galerie Belvedere

 

まず外せない。クリムトの “あの” 超有名な代表作に会いに行くならここ!

ベルヴェデーレ

 

お庭も建物の門も、「あぁ・・・ヨーロッパに来たなぁ。」と実感する世界。

 

MUST-SEE!おすすめクリムト作品

“接吻” 

クリムト

 

なんとも惚れ惚れ・・・・ 

リビドーたっぷりの作品だ〜

 

ちなみにここはウィーン市街地にある宮殿、ベルヴェデーレ宮殿の中にある美術館。

日本語では「ベルヴェデーレ上宮」と呼ばれてるのも同じ美術館だよ。

 

*アクセスなど最新情報はHPをチェック;

->https://www.belvedere.at/bel_en/belvedere/visitor_service

 

 

● レオポルト美術館 / LEOPOLD MUSEUM

 

オススメはクリムトだけじゃなく、エゴン・シーレの作品も充実!

 

MUST-SEE!おすすめクリムト作品

“生と死”

クリムト

 

ここはゆっくり時間をとっておくことをオススメします。

だってクリムト好きのあなたの好みドンピシャだと思うから!

ウィーン芸術の世界にどっぷり浸るべし。

 

場所はアート基地のようなエリア、ミュージアム・クオーター(通称MQ)にあるよ。

*アクセスなど最新情報はHPをチェック;

->http://www.leopoldmuseum.org/en/languages/ja 
(日本語あり)

 

 

● セセッシオン / secession

 

先進的なアーティストのための場所。

セセッシオン

 

MUST-SEE!おすすめクリムト作品

ベートーヴェンの交響曲第9から描いた大作、クリムトの壁画

 “ベートーヴェン・フリース”

ここは※写真撮影は禁止※

 

日本語では「分離派会館」ともいう。

クリムトをはじめとする先進的なアーティストたちが、当時の保守的な芸術団体から脱退して立ち上げた「分離派」を結成したのだ。

 

時代には芸術を、芸術には自由を

 

このカッコいい言葉は分離派のモットーで、美術館の入り口に書かれているよ。

現在展示されているものもコンテンポラリー・アートが多い。

 

*アクセスなど最新情報はHPをチェック;

->https://www.secession.at/en/visit/

 

 

● ウィーン美術史博物館 / Kunsthistorisches Museum

 

ここのMuseum Cafeは、別格のクオリティ!

Kunsthistorisches Museum

 

MUST-SEE!おすすめクリムト作品

階段ホールの壁画・天井画

クリムト

 

繊細で、色が本当にうつくしいのだ。

遠くから首痛くなりがら見上げるはずだけど・・・

特別に間近でみれるようにKlimt Bridgeという高い足場が設置されていたよ。

クリムト・イヤー最高〜

 

この美術館は 通称 : KHM。看板などもKHMを目指せばダイジョウブ。

*アクセスなど最新情報はHPをチェック;

->http://www.khm.at/en/visit/besucherinformation/access-contact/

 

 

● オーストリア演劇博物館 / Oesterreichische Theatermuseum

 

この作品には会えるかは運次第・・・?

クリムト

 

MUST-SEE!おすすめクリムト作品

“裸の真実”

クリムト

 

ラッキーにも出会えました。

暗い奥の一室に展示されている “Nude Veritas” はなんとも神聖なムード。

素敵すぎて・・・ため息。

 

他にも縦長の巨大な作品をよくみられたな。

あとは演劇の舞台模型など。

 

*アクセスなど最新情報はHPをチェック;

->http://www.theatermuseum.at/en/in-front-of-the-curtain/visitors-information/information/

 

美術館の名前はドイツ語?英語? かなり混乱・・・

 

ちなみにこのウィーンひとり旅で困ったのが1つ。それはドイツ語。

なぜかというと、まずはガイドブックとか旅サイトで日本語で調べるよね。

でも日本語訳がウェブサイトによってびみょ〜に違ったり。

 

美術館名を英語で調べても、現地で地図(看板)を見比べるとそっちはドイツ語

しかも略した表記だったりする!!

 

そのうちこれは一体ドイツ語なのか?英語なのか?

似たような綴りばっかりで本当わかりづらかった・・・^^;

人に聞いても発音するドイツ語名がわからんし、英語もドイツ訛りがかなりムズカシイ。

 

なので絶対にココに行きたい!という美術館は、入念に事前チェックすることをオススメします!

 

アート天国 ウィーンへGO!

とにかくウィーンは街の中心地に美術館がたっっくさん集まっている。

それぞれアクセス抜群で、こんなに美術館巡りしやすい街はない

 

「アート三昧に予算を使いたいからホテルじゃなくて安宿

なぁーんて予定しているのなら、、、気を付けてください。

ウィーンひとり旅ではこんなこともあったんだよね。

[ウィーンひとり旅] 1泊15ユーロの女性専用ドミトリーで服盗まれた!

✔Twitterフォローしてね!

もしお役立ち記事だと思ったら、ぜひYukoのツイッターをフォロー
ブログの感想なんて教えてくれたら喜びます^^