【絵 x 海外の仕事がしたい】自分の作品を海外向けに発信するWebサイト

現在 絵描きと会社員のパラレルワーカーをしているYuko (@uu_yu) です。

突然ですが、クリエイターとして活動するために自分から発信することは、とっっっても大事ですよね!

Yuko
海外のクリエイターから教えてもらった、自分の作品を海外へ発信できるサイトを紹介します!

クリエイターはどうやって情報発信したらいいか?

絵は言葉の壁を超えます。

それはとてつもないアドバンテージです。

日本語だけじゃなくて、英語で作品を発信することができれば、その世界の広さに驚きます。

だって単純に、日本語がわかる日本人口の1億人に対して、英語だと世界中の21億人が見てくれることになります!

(単純にその言葉を話す人口をもとに考えると、です)

 

英語で広がる可能性

Yuko
英語で情報が入る、英語で発信できる」は、本当に強い。と実感しています

わたしも全く英語が話せなかったけど、ある日思い立ったロンドン留学のおかげで、わたしの情報源は100倍になりました。

ロンドンに居たとき感じたことは、海外では個人で活動するアーティストが日本と比にならないほど多いし、特別なことじゃない。

特にわたしのように複業から始めるアーティストは、もんのすっっ・・・ごく多いと感じましたね。

 

やっぱりそれはインターネットのおかげなのは間違いない。

たとえ地方在住の複業アーティストでも、

「Webにアップしてたらロンドンの出版社から声がかかってイラストを依頼された」

という希望を与えてくれる話を、ロンドンでクラスメイトから聞きました!

 

この記事ではそんな実例アリのおすすめWebサイトをご紹介!

✔︎これに当てはまるなら、あなたのタメになる記事

  • 絵の仕事がしたい!海外の仕事がしたい!
  • 海外向けに作品をアップしたいけど、どこがいいのかわからない
  • 実績は少ないけど、これからどんどん増やしたい

 


絵の仕事がしたい!ロンドンで参加したアートクラスでの話

どうしたら絵の仕事ができるんだろう?

ロンドンで、セントラルセントマーチンのアートクラスに参加してた頃の話。

「わたしも絵の仕事をしたいな」「どうしたら出来るんだろう?」と漠然と思っていた頃だった。

当時参加していたアートのクラスは、ロンドン芸術大学の「ショートコース」と呼ばれていて、誰でも受けられるクラスだ。

7日間集中講座もあれば、毎週通う講座もある。

日本でいうとオープンカレッジみたいなシステムです。

クラスメイトにはすでにプロのイラストレーターとして活躍している人も居たし、
わたしのように「今後 絵の仕事をしたい」と思って画力アップのために参加している人も居た。

Yuko
割合的には後者の方が多かったかなぁ。

 

このショートコースのいいところは、肩書きや仕事のプロアマ度合いが違っても、お互いにそれを意識することはほとんど無い、ということ。

まだアマチュアだとしても引け目とかを感じるような雰囲気は全くなくて、

ただただ純粋に、お互いの絵のここが好き。ここがいいね。って言い合って、お互いのいいところを伸ばす感じだった。

 

みんなどうしてる?作品をアップするプラットフォームはどこ?

そんなとっても雰囲気もよく、いろんなタイプのアーティストと出会えるクラスで、こんな話をする。

クラスメイトとよく話したのが、自分の作品をどのプラットフォームにアップしようか?について。

プラットフォームとは、インスタグラムとかピンタレストとか、そういうWeb上のサービスのこと。

いまや「絵」いう作品はネット上に星の数ほどあるのだから、どこにアップするかはとっっても重要なのだ!

 

絵の仕事を「依頼したい人」が見るサイトを選ぼう!

単純に作品をWebにアップすると言っても、プラットフォームには2種類あるのだ。

1・自分のポートフォリオタイプ

これは絵を描く人じゃなくても広く知られているSNSプラットフォームや、検索したら出てくるホームページなど。

Facebook、インスタグラム、Pinterest、Tumblr、自分で立ち上げたホームページ、ブログ….

自分のアカウントをフォローしてくれて目に入るもの、自分の名前を知った上で見に来てくれるホームページだ。

このプラットフォームに作品をアップするメリットは、

  • 多くの人に見てもらえる
  • 作品が一覧のギャラリー表示にできるから見やすい
  • 統一された世界観が作れる
それぞれのプラットフォームごとに、どんな風に見えるか?Yukoの作った各ページがあるので、見え方のちがいをチェックしてみてください↓

 

一方でデメリットは、アカウントをフォローしてもらうまでが大変なことだ。

ハッシュタグを使えばフォローされてなくても見つけてもらえることもあるけど、

インスタグラムのユーザーは、別にアーティストを探しているわけじゃなくステキな写真が見たいだけなのだ。

ファンを増やすことも大事だけど、「仕事をもらう」という目的にはもう一つの方法がある。

 

2・アーティスト向けの作品投稿プラットフォーム

決められたテーマに沿って、限られたカテゴリーで作品を募集しているサイト。

仕事が欲しいアーティストと、仕事を頼むアーティストを探している人が繋がれるサイト、がこのタイプだ。

かつ、プロアマ関係なくだれでも投稿できるからハードルは高くない。

Yuko
クラスメイトと話していたのはこっちタイプ!

 

絵 x 海外の仕事がしたい人向けWebサイト:Illustration Friday

実際に聞いた、アマチュアからの成功ストーリー

前置きが長くなってしまったけど…(汗)

記事冒頭にも書いた、身近にあった実例がこれだ!

 

ロンドン芸術大学のショートコースで、毎週 新幹線で地方から通っていたクラスメイトがいた。

彼女は趣味で絵を描いていて、画力アップのためにクラスに参加したらしい。

 

ところが!

あるとき、みんなで作品講評をしているとき、突然先生に相談しだしたのが・・・

「出版社の人からイラストの仕事のオファーがきました。
今度打ち合わせすることになってしまって…どうしたらいいか分からない。」

という、なんとも嬉しい悲鳴!

 

話を聞くときっかけは、「Illustration Friday」というWebサイトへ投稿した作品を見て、お声がかかったらしい!

 

どうやって投稿するの?

Illustration Fridayは、1週間ごとにテーマが発表されるので、それをみたアーティストがテーマに合った作品をそれぞれ投稿する、というサイト。

テーマが発表されるのが毎週金曜日なので、Illustration Friday。

 

テーマは単語ひとつで、たとえば今週なら「Blue」。

過去には「Window」とか「Lush」などなど・・・

それ以外はスタイルも画材も、人でも動物でも景色でも、なにを描くかも全く制限はないのだ!

 

たったひとつの単語から広げるイマジネーションだったり、オリジナルの世界観をどう表現するか?

そこがアーティストの腕の見せどころなのだ!

リンク:Illustration Friday

 

絵 x 海外の仕事がしたい人向けWebサイト:THEY DRAW & TRAVEL

こちらはテーマは一貫してて、地図イラスト!

世界のとある街をフューチャーして地図を描く、という至ってシンプルなサイト。

 

そんなに地図のイラストにバリエーションあるの?っと思ったら大間違い。

めちゃくちゃクリエイティブな地図がたくさん投稿されているので、ぜひ見て欲しい!

アーティストによってかなり作品の「色」が出るし、「地図」のとらえ方やイラストのコンセプトでオリジナリティが出せる!

 

地図は観光名所の位置を伝えるだけじゃない。

例えばこのヨーロッパの有名画家の地図とか、なんの地図にするかは自分次第。

とにかく一度見てほしい。見るだけでもほんとに楽しい♪

 

THEY DRAW & TRAVELに掲載されたアーカイブ作品で、地域ごとに作品を編集して本にして、出版されたりしてるのだ。

Yuko
もしかしたら、描いた地図も本になるかも?!

アジアの地図シリーズ!の巻とか。コンセプトがおもしろい〜

リンク:THEY DRAW & TRAVEL

 


海外の仕事は、実績がなくてもどんどんチャレンジできる!

これはわたし個人の実感だけじゃなく、海外在住で活躍されてるクリエイターさんも言っていたことです。

そのアーティストの絵が好きだから欲しい

という感覚が、海外の方が圧倒的にある!ホントに。

日本よりも海外の方が経歴とか実績にこだわらずに作品が良ければよし!なのは確実です。

 

もう1度言います、確実です!

 

Yuko
現にわたしも、インターネットのおかげで海外の企画会社さんと繋がることができて、仕事をさせてもらっています!

おまけ

ちなみに、紹介した2つのサイト以外にもBehanceという海外のサイトがあります。

が、今回は初級編なのでおまけとして書きました。

これはもっとポートフォリオが充実していて、かつ実績もガッツリある人向けなのかな〜

という印象をわたしは受けたんですよね。気になる人は調べて見てください^^

 

とにかくチャレンジしやすい上記2つのサイト、自分の絵の方向性がマッチしてるのならやってみる価値アリです!

それでわ!健闘を祈ります!

 

✔Twitterフォローしてね!

もしお役立ち記事だと思ったら、ぜひYukoのツイッターをフォロー
ブログの感想なんて教えてくれたら喜びます^^