“絵描きのてつがくスケッチ” とは?

心には、いつも喜びを抱いているように。これが人生で最も大切なことなのだから。

“ニーチェの言葉”より

 

ニーチェは、わたしの好きなてつがくの一つです。

 

この “絵描きのてつがくスケッチ” では、女性目線で 自分の中の “好き” と向き合いながら生きる方法を考えたいと思っています。

 

どうしたら自分の心が喜んだ状態になるのか?

を知るために、自分と向き合う作業にはとっても時間がかかります。

実際、わたしもとても時間がかかりました。(何度も職を変え、国境も渡り・・・)

 

特に女性の人生は、年齢ごとに周りの環境も 自分の心も体も、

自分の意志とは関係無いところで とても大きく変わるものだなぁ と実感しました。

 

そんな風に変わっていくなかで、わたしは自分の中の “絵描き” と向き合うことが出来ました。

 

絵描きっぽいことは書かない

「イラストレーターになるための方法」とか、最近の流れでよく聞く「個人時代を生き抜く方法」みたいな情報は別のブログにたくさん書かれているので、絵描きっぽいハウツー系は ここでは書きません。

ハウツー情報発信が上手い人はたくさんいて、良いブログもたくさんあるし、昔に比べてフリーランスになる方法もかなりオープンになっていますよね。

そういった「アクセル全開!」的な情報は、別のブログを参考にしてください(笑)

オススメなサイトや参考になるツイッターアカウントとかは、いくらでも紹介します!

実際わたしも情報収集やら相談やら、とっっっってもお世話になっているし!

 

情報は武器です。前へ向かって走るために必要な装備だと思います。

でも少し男性的な、常にアクセル全開で走るやり方が多い気がしていました。

 

女性目線で自分の “好き” と向き合いたい

男性的なアクセル全開で走る方法が多いなぁ。。。

だからここでは、自分の “好き” と向き合って走るために、必要なエネルギーが切れた時、

エネルギーを給油できるような内容を書きたいです。

 

だって女性は生理は体もしんどいし心も乱れて、常にアクセル全開で走れない… ですよね?

休ませるマインドも必要だと思うんです。

 

自分で自分を励ますために。

 

仕事を辞める時、留学を決める時、異国の地で自分が無力だと知った時、絵が描けない時、体が思うように動かない時・・・

必要以上に何度も心が折れました。

 

そういう時に、てつがくとか心理学を勉強してたことで、自分の支えになりました。

ことばの力は、偉大だなと思いました。

 

同じように、ちょっとしんどいに元気を出すきっかけになればいいなと思って、ブログを書くことにしたんです。

支えになったことばとか、本を紹介しながら、やさしい発信を心がけたいと思います。

 


自分を気づかうことだ。自分には自分しかいない。
 
グルーチョ・マルクスのことば

 

✔Twitterでつながる 

もし少しでも気になってもらえたのなら、ぜひツイッターをフォローしてつながりましょう〜!
ブログの感想なんて教えてくれたら喜びます^^

 

おまけ・絵を描く理由ってなんだろう?と考えた時

世の中には絵を描く人はたくさんいます。

アーティスト性で出して描いている人も、商業イラストを描く人も、趣味でSNSにアップしている人も。

いろんなタイプの “絵描き” がいるので、目的も向かう先もそれぞれ違います。

みんなが同じ方法やマインドではないですよね。

 

何のために絵を描くのか?

 

わたしにとっては、絵を描くこと自体が自分の癒しで、

そして自分以外の誰かがわたしの描いた絵を好きだと言って、喜んでくれることがうれしいから描いています。