もっとやさしい世界にしたい。それってもう、生き方として。

徳島県神山町

2020/01/09

2020年。今年といわず、これから生涯をかけてやっていきたいこと。生きていくミッションのようなものがクリアになりました。

なので、正直な思いの丈を書き記します。



もっとやさしい世界にしたい

だから、もっと社会のためになることがしたい

 

以前、わたしが絵を描く理由。を文章にしたときより1歩進み、視界がクリアになった。

自己表現欲求よりもだれかのためという想いが強い。だって、どうせ生きていくなら、よき世界になって欲しいじゃない。

生きてく上で想うこと、願うことはただただ….

 

 

これに尽きる。調和したい。だれかに窮屈にシワ寄せがいくのではなく、優しく調和したい。

それは今SDGsから始まって大きなムーブメントとなっている「Ethical」「Sustainable」「Circular Economy」というキーワードたちと同じラインに在るものだ。

 

胸が晴れ、視界がクリアになったのは2019年の11月。

32歳さいごの週末に徳島の山間部のとある町へ旅したことが大きく影響している。

 

徳島の山間部、見知らぬ地への旅で感じたもの

直感だけで申し込んだ旅だった。

特別有名な観光地でもなく、だれも知らない土地への旅。

「ソーシャルイノベーターに会いに行く旅」と称されたこの不思議な旅の内容は、NHK徳島放送のWebサイトで動画が公開されているので、5分超えるくらい長さにまとめられていて伝わりやすいのし、よかったら見て欲しい。

↓以下ツイート内のリンクからも、11月13日放送分までスクロールすると動画が再生可能。

 

旅の中で出会えたたくさんの人たちや神山の透明な空気のおかげだった。

わたしのできることをやろう。と心に誓いのような気持ちがこみあげ、自分でもその輪郭をハッキリと捉えることができたのだった。

 

これまでは「もっと世界をよくしようよ」と思っていても言いづらかった。

真面目は煙たがられるし、少し照れくさく感じてしまっていたこともある。

あまりに立ち向かおうとしている問題が大きすぎて、自分では直接的になんの役にも立てないクセに… と萎縮していたのかもしれない。

 

けれど、自分のできることをやればいい。

だからこれからはもっとこの手の勉強をしたり、知ることができた情報はどんどん発信していこうと思う。

 

これからやりたいこと

わたしにできること。

絵を描くこと。ものづくりを経験し、その尊さや喜びを伝えること。

 

絵を描くことで、見た人にやさしい気持ちになって欲しいし、それが連鎖していってほしい。

 

なにかをつくり、なにかを人に与えることができるものづくり。

ものづくりが出来る、ささやかな場をつくりたい。

具体的には、こどもたちのためのArt Clubや海外でもある大人のCraft Clubのイメージ。

 

自分でものを作ることで、作り手を想像できる人を増やしたい。いつも作り手を想うことができる世界は、とてもやさしくなるはずだから。

 

Ethicalであること。作品を届けるときも

作品づくりに関しても、Ethicalである努力をする。

作品を届けるときの紙、注文する印刷サービスもしっかり選んでいきたい。

 

今のところ、FSC認証紙(適切に管理された森林と製造の国際基準)で絵に使える紙はいくつか探せたのだけど、できれば防水包装に使える生分解プラスチックも見つけたい。

世界で注目されているこのインドネシアの会社の素晴らしい技術。これが日本でも広まって使えるようになりたい。というか、なってくれ!

evowareの記事

個人でもオーダーできる生分解性プラスチックの業者さんをもし知っている人がいたら是非教えてください!→TwitterのDMお待ちしています

 

 

Ethicalであること。個人的にも

いち個人としても、日々の暮らしが少しづつでもEthicalでありたい。

窮屈に感じるとつづかないので、できることを少しでもやるのが大切だと信じて。

 

気負わずにやってみよう。と思えるマインドは「はじめてのエシカル」という本にとても丁寧に書かれている。わたしも今日買って読み始めたばかりで半分読んだだけでも、もうすでに強くオススメしたい。

というのも、著者の方のエシカルに関心が高まったエピソードが、自分とモロ重なってしまい、スッと入ってきたのだ。

元々はファッション好きだったり、バングラデシュの縫製工場事故に強く胸を痛めたことが書かれていて… それは、わたしの自身のアパレル業界で抱いた嫌悪感と同じなのではないかと。

 

実は今日、人にギフトを贈る買い物をしなきゃだったので、フェアトレードアイテムを取り扱っているPEOPLE TREEに行ってきたところだ。

だって、どうせ買うなら作り手にも買い手も贈る相手も しあわせなものがいい。

 

贈った方もEthicalに関心が強い方だったので、喜んでもらえて本当によかった。

 


 

以上が、2020年からのわたしの小さな宣言です。

よいことばかり書いているように見えるし、わたし自身も完璧ではない人間ですが、できることからコツコツとやっていきます。

どうかこれからも見守っていただけると嬉しいです。

Yuko
これからも絵描きオーハラユーコをどうぞよろしくお願いします!

オーハラユーコ