Cat & Dog #4 展示報告。ありがとうございました!

MOUNTでの展示 Cat & Dog

2020.07.19

Yuko
先週末で展示が無事に終わりました!皆さま、サポートをありがとうございました!!

グループ展示のお知らせ@MOUNT TOKYO JULY. 2020

2020-06-20

こちらやSNSでお知らせしていた通り、7/1〜7/12まで東京 駒沢大学のMOUNT tokyoさんで、グループ展示を行っていました。

おかげさまで無事に会期終了することができました。足を運んでくれた方、差し入れや応援メールを送ってくれた方、沢山のサポートをありがとうございました!

インスタでは先に伝えていましたが、ここで改めてお礼と結果報告をさせてください。

 


Cat & Dog#4 @MOUNT tokyo グループ展示報告

MOUNTでの展示 Cat & Dog

どんな展示だったの?

Cat & Dogという名の通り、犬猫のイラストを大集結させた展示でした。

MOUNTさんがセレクトされた8名の作家によるグループ展示。ありがたいことに、わたしもお声かけ頂きました。

各作家が4点〜6点くらいの作品を出品していて、あんなに犬猫たちが絵になって集まった空間はすてきで、ほっこりとした空間になっていました♪^^

絵の他にもグッズ販売もOKだったので各作家それぞれのグッズも並べて販売していました。

ZINEやポストカードという定番グッズの他に、ヘアゴムやブローチ、エコバック、メガネ拭きなどなど作家の個性あるグッズが揃いました。

参加のきっかけは?

Yuko
展示参加のきっかけは名刺の猫イラストでした

この猫イラストです↑

今回の展示は、ギャラリーのMOUNTさんによる企画展示なので、ギャラリー側からセレクトされた作家が参加する形でした。

作家の中にはギャラリーに所属している(MOUNT Clubメンバー)作家さんもいれば、わたしのようにそうでない作家もいました。

 

お声かけ頂いたきっかけは、以前にギャラリーの方に渡していた名刺でした。

MOUNTさんはZINE専門店に併設のギャラリーなので、ZINEを探しに行くだけでも誰でも入ることができます。わたしもZINE作りに興味があってショップに行きました。じっくりZINEを探しながら、ZINEについてギャラリーの方とお話も聞きながら、

「エントリーすればだれでもZINEを販売できるよ!」

「そうなんですか?!実はわたし絵を描いてるんです〜…」

という流れで自分の名刺をお渡ししていたのです。

名刺にある猫のイラストを気に入って下さり、運良く今回の企画に参加することになりました♪

Yuko
いくらSNSで発信していても名刺のパワーは大きい!そして名刺に載せるイラストって大事だと実感しました

 

出品作品とグッズ販売の内容は?

  1. 額装した絵 4点(太子サイズ)
  2. グッズ:ZINE(小さな画集)
  3. グッズ:手漉き越前和紙で作ったCat & Dog しおり

わたしが出品したのは、ざっとこんな感じです。

作品に込めたテーマ

Cat & Dog #4展へ参加するにあたり、自分の中で設けたテーマがあります。

“You are here, I’m here with you.
~トナリにいてくれることが尊い~ ”

これまで描きためていた作品からの出展も考えましたが、自分にとっては “今” を想い直し、寄り添ったものをつくりたいと考えてすべて新たに描き上げました。

その理由は、制作したZINEに以下のように書いています。

世界があっという間にひっくり返ってしまった。本シリーズを制作したのは、みぞうの混乱の真っ只中でした。Cat & Dog #4展へ参加するにあたり 自分の中で設けたテーマは “You are here, I’m here with you. ~トナリにいてくれることが尊い~ ”です。 (中略)

この春のあいだ。カレンダーはあれよあれよと更新されてゆくのに、なんだかすっぽりと抜けてしまった、奪われてしまったような「時間を過ごした」という感覚…いままでのわたしたちは だれかと過ごす空間や想い出を共有することで「過ごした時間」を実感できていたのだと気づかされたのです。

本書は 制作過程の1stアイデアやデッサン、着彩の試行錯誤のプロセスなど、制作スケッチブックの一片を切り取ったものです。最終的には選ばれなかった別の可能性もいっしょに綴じています。この春、確かに存在し 積み重ねていた時間、それを共に感じ楽しんでいただけたら幸いです。

 

トナリにいてくれることで感じる安らぎ、温かさ、その大切さ。時間を共有することの重さ。

そういったものを作品に込めて描きました。

 

ZINEに込めた思い

ZINEをなぜ作ったかと言うと上でも伝えているように、時間を共有したいという気持ちから 自分の制作期間をごっそりシェアする感覚で作りました。

その内容について、インスタのIGTVでもお話ししています↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

What’s on ZINE? 音声で伝える🎙制作したZINEの中身や制作のこだわりなど

Yuko Ohara | オーハラユーコ(@yuko.ohara)がシェアした投稿 –

制作中の試行錯誤のラフや最終的に選ばなかった絵というのは、普段はオモテに出ないものです。

自分だけしか目にすることはなく、そのまま本棚にしまわれたり。身近なだれかに見せて相談したりするくらいで。

 

今の感覚的に、そういった裏側の悩みとか迷いとか試行錯誤をして過ごした時間をシェアすることで、自分の中でストンと着地できる気がしたのです。

 

言葉にすると大袈裟ですが、具体的にはアイデア段階のラフ画やデッサン、着彩パターンの試行錯誤、色作りのメモ書きなどです。

自分自身、他の人の普段はオモテに出て来ない部分を見るのも好きなので、同じような感覚の方に楽しんでもらえたらいいなぁ、と気楽に。

 

販売用のグッズ制作でもこだわりを

展示に合わせて、販売用のグッズも作りました。

制作期間を共にしたスケッチブックを抜き取ってまとめたZINEに加えて、Cat & Dog柄のしおり、どちらもハンドメイドしました。

エシカルにクリエイティブがしたいから

わたしのポリシーとして、制作上の選択はできるだけエシカルなものを選ぼう。というのがあります。エシカルに作っていったら、自然とハンドメイドという結果になりました^^

エシカルにクリエイティブをしたい、というポリシーについてこのブログ上ではわたしのミッションとして書いていて、最近noteでも同じようなことを発信し始めました。

Yuko

ZINEでこだわった印刷方法、紙について、グッズの梱包について。調べて学んだことは沢山あるので、それはまた別の記事にしたいと思います!

ゴム版を彫ってオリジナルスタンプを押して作ったしおり

ハンドメイドのしおりについては、素材は手漉きの越前和紙を使っています。紙の手触りにすごく味があって、さすが和紙!良いんですよね。

元々は襖(ふすま)に使う和紙なのだけど、紙の端っこで切り落とされる部分があるらしく、その残りの和紙をメーカーさんから買って使っています!

こんなに風合いのある紙、使わないともったいない!

 

こういった手漉き和紙をどこで買ったのか?などなど、話が長くなってしまうので別の記事にします。

 

作品をご購入いただきました!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuko Ohara | オーハラユーコ(@yuko.ohara)がシェアした投稿

※せっかくなので、とスマイル写真の時だけマスクを外して、あとは常にマスクをいて感染症対策をしていました

およそ2週間の展示の結果、作品をお買い上げいただきました!とにかくすごく嬉しかったので聞いてください!(笑)

たまたまSNSの写真を見て足を運んで下さったようです。

しかも、ちょうどわたしがギャラリーに在廊しているタイミングにいらして、直接お話することができてすっごくすっごく嬉しかったです。

お宅の白猫さんと作品の猫がとても似ている〜!ということで、迎え入れて頂くことになりました。白猫のゆめこちゃんの写真もぜひ見たいです〜とお願いしたところ、ゆめこちゃんには息子がいて白猫親子でした。いや〜、可愛いこと可愛いこと♪^^

やはり、想いを込めて描いた作品を迎え入れてくださる方と和んだ会話ができて、本当によかった。自粛期間があって余計にこういう喜びを感じました。

 

もちろん絵の原画だけでなく、グッズを購入してくださった方々、ありがとうございました!

直接お会いできた方もできなかった方も、手に取って頂いて本当に嬉しいです。

 

Yuko
ちなみに、にゃんこのチーズケーキ!可愛いっ!Cat & Dog 展に合わせるという粋な差し入れ、ありがたやです。
neko neko cheese cakeの差し入れ

https://nekonekocheesecake.com/

 

今後について

ひとまず、一旦は4月の緊急事態宣言で展示の会期が延期になってしまったものの、無事に終了することができて、本当によかったです。

7月の2週めからは東京都内の陽性者数が激増していたので、いろんな意味で「大丈夫かな…」と心配もありました。

お客さまは来ないんじゃないか、自分も東京へ行って大丈夫かな、、、とか色々です。SNSでもあんまり宣伝ばっかりもしずらい気がして(特にTwitter)

ただ、今回はっきりとわかったこと。

やはり直接人と会話できること、直接手にしてもらうこと、犬猫作品が集まったときの安らぎの空間。

それはバーチャルでは感じ難い価値であることは確かだと思います。

一方で、この状況だから行けない、行きづらいという現状があり、これは今後も長く続くのだろうと。残念ながら、この現状も受け入れなければなりません。

 

本当に難しいけれど、自分なりに答えを出して進んでいくしかない。

自分のつくりたいものを極める時間があることを大切にしながら、今後はオンラインショップも充実させていこうと思います!(たぶんstore.jpを使う予定。また報告します!)

 

コツコツやっていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

そして、いつもサポートありがとうございます!

✔Twitter / Instagram フォローしてね!

もしお役立ち記事だと思ったら、ぜひYukoのツイッターをフォローして感想を教えてください^^

作品はInstagramで更新していますので、フォローをお願いします!