もし太陽がなくなったら?ゆるい夢見る宇宙の話

オモシロイ!が止まらない宇宙の話。

宇宙の話はだいすきだ。

 

いくらでも広がる想像世界とロジカルな部分

そのバランスが絶妙だから。

 

夢と現実の狭間みたいで、たまらない。

 

 

もし太陽がなくなったら?

今あたりまえにそこに在る太陽が消える。

 

 

くさい。都市伝説のにおいがプンプンする。

と思いきや、

これは決して都市伝説じゃなく、SF映画でもないの

 

どうやら本当に太陽は消えてしまうらしい!

 

天体物理学者いわく、そのXディは…

50億年後

 

さあ。天体物理学の研究では
宇宙の話が一体どこまで進んでいるのか・し・ら?

 

50億年後に太陽が消える

 

太陽がなくなるのは50億年後。

そもそも今、明るい太陽が地球に見えているのは、

太陽自身が燃えているから。

 

まずその燃料としている水素が失われる。

すると次にヘリウムを燃やし始めるらしい。

ヘリウムを燃やすと太陽が膨張する。

 

やがて近いところから、
水星、金星… そして地球も飲み込んでしまう。

 

太陽から逃げよう

そんな風に太陽が膨張し始めたら、
わたしたちは地球でぬくぬくと暮らしていられなくなるのよ。

太陽とは今の距離感がちょうどいいのだ。

 

一人暮らしの子と、実家の親のように。

物事にはちょうどいい距離感があるのだ。
(って違うかな?)

 

火星への移住計画

 

だったら近場へ逃げて時間稼ぎしよう!

というのが火星移住計画

 

地球でぬくぬくと生きているわたしたちには、
そのままの火星の環境では過酷すぎて生きられない。

 

まず、温度が違いすぎるのね。

火星は−65

今の火星と太陽の距離感だと、温度が上がらないからね。

 

火星移住計画だと…

勝手に温暖化させるらしい。

 

温室効果ガスを使って暖める。

−65度からのスタートだから、住める温度にするまで100年。

 

 

丸100年かけた「火星暖房計画」

水が溶け、植物が育てば地球のような環境になるんだとさ。

 

ちなみに、火星でかかる重力は地球上に比べて1/3。

今の1/3の重力で活動する人間ってどんなだろう?

 

 

みんなふわふわして、せっかちな人が減るかなぁ。

 

新しいスポーツも生まれそうじゃない?

 

太陽が消えたら、作ればいいのさ!

火星に移住することができたとしても、
いずれにせよ太陽はなくなってしまうのだ。

地球を飲み込んだ20億年後に太陽は消えてしまうらしいの。

 

太陽のない世界は・・・

光がなくなってしまうよね。

それにわたしたちは、「太陽光発電」というエネルギー源をひとつ失うことになる。

 

太陽のない世界は、日が昇ることも沈むこともない。

夜明けがなければ夕焼けもない。

 

ずっと夜空。

 

昼間に外に出て星空が広がるって、なんか幻想的だなぁ。とか一瞬思ったけど。

朝の光の気持ちよさとか、

夕焼けで一日が終わってく、なんだか寂しい雰囲気…

そういうのも無くなってしまうのは悲しすぎる。

 

芸術も文学も劇的に変わるだろうなぁ。

 

 

太陽のない世界では、

ずっと人工的な光で暮らす。

 

なんか悲しい…

 

太陽を作ろう!

太陽が消えてしまうなら…

そしたら太陽に変わるエネルギー体を作るしかない!

という超ポジティブ発想。

実際に物理学の研究が進んでいるらしいよ。

 

難しい説明はわからないけど、

水の中の水素原子を融合させてエネルギーを発生させるとかなんとか。

その方法は、太陽がエネルギーを作り出すのと同じ原理らしい。

 

 

このまま寝て、おもしろい夢が見れるかなあ。

夢見てまた絵を描こう。

 

<妄想好きな人へオススメの記事>

夢を見る人へ。寝ている間に悩みを解決する方法