巨大なキャンバスが並ぶ「ピーター・ドイグ展」へ行ってきました@国立近代美術館

2020/09/18

Yuko
巨大な絵が並ぶ、よい展示でした!

話題になっていたピーター・ドイグ展@国立近代美術館へ行ってきましたのでレポートです。

 

とにかく絵のサイズが大きい!!

巨大でカラフルでファンタジックな壁面を見つめているのは、とても心地よかったです。

いかんせん… 自粛ムードで今年は美術館に行けていなかったので、喜びも沁み渡りました。

文化的エネルギーのチャージです。

 

基本情報

ピーター・ドイグ展

展示場所:@東京国立近代美術館

展示会期:2020/02/26 ~ 2020/10/11

所要時間:1時間以内 +同チケットで2~4階の展示も観ることができる

入館料:一般は1700円※

Yuko
東京都現代美術館で開催中のオラファーエリアソン展の半券をみせると、100円引きになってお得♪

ピーター・ドイグ展の感想

Yuko
幻想的な色と厚塗りの存在感が好きだった。

とにかくキャンバスが大きかった。すべてが大きい作品だった。

時期によって作品の雰囲気はちがっていた中で、個人的に好きだったものは前半の作品群。森や海辺を描いたものたちだ。

展覧会のPRに使われているのもこの作品群。

油絵の厚塗りで、色をたくさん重ねていて存在感がたっぷりある。

そのマチエールは実際に目でみなければわからない。いい。めちゃくちゃいい!

色づかいとか、、、本当に好きだなぁと。

 

後半の雰囲気は変わる

前半のファンタジックで独特の雰囲気、たくさん色やメディウムをのせていた作品群に対して、後半はパキっとした色づかいのものが多くて、塗り方も大きく面で塗る感じになっていった。

1つの色の面積が大きい分、主張していくる感じがしました。

作品サイズは変わらずに大きいのだけれど、絵の具は薄塗りになっていた。

 

展示スペースの広さも十分で安心

やはりコロナのせいで気になってしまうのは密集度。

ピーター・ドイグ展のスペースは、鑑賞しながら歩けるスペースは広いです。

人とぶつかることもなく、安心して鑑賞することができました。

それに椅子も多めに配置してあるので、ゆっくり座って絵をながめたりもできるし、休める。よかったです。

 

同じチケットで2〜4階の展示も観れた

ピーター・ドイグ展のチケットで美術館の他の展示も観ることができます。

ピーター・ドイグは1階で、他の2〜4階も観れる◎

ラッキー♪ついでに観てみよう。と行ってみたら…. けっこうなボリュームでした!

 

でも、4階にある休憩スペースみたいなところがあって、大きいガラス窓から皇居を眺めることができる〜。

とてもやさしいスペース設計でありがたい♪

 

さいごに

かなりゆっくり鑑賞するタイプですが、ピーター・ドイグ展の所要時間は1時間以内でした。

1つ1つの作品が大きかったですからね。

 

あぁ。やはり美術館っていいですね〜。

ネットで画像は無数に観れるけども。

けどもね、直接観るのはぜんぜんちがう。

あのシンとした空間に身を置き、作品を見上げる。見つめる。癒される感覚がある。

芸術は昔も今も、必要なものなのだから。

軽やかな心を持っていないと自覚しているなら、
多くの知識に触れたり、多くの芸術に触れるようにしよう。
すると、わたしたちの心は徐々に軽やかさを持つようになっていくからだ。

ニーチェの言葉