深海展@国立科学博物館にいった正直な感想

2017/08/04

蛍光色でカラフルな世界が・・・

上野の国立科学博物館で開催中の「深海」展。

 

漆黒の闇に光るカラフルな生物。

駅の広告とかポスターで見かける度に

ステキだ・・・

ファンタジー感を大いに期待して行ったら

 

 

 

正直期待外れだった。。。

 

というのは、“個人的に” 期待していた世界ではなかったからね。

 

カラフルで不思議な世界 ではなかった。

一番はじめの展示室の映像では少々あったけど。

 

それくらいかしら?

 

@科学博物館らしい展示

だってよく考えてみれば、この深海展の開催場所は水族館ではない。

科学 博・物・館」なのだ。

 

深海生物にまつわる知識とその生態を解説してくれる展示。

まさしくそれは3D の図鑑」だ。

 

標本でホルマリン漬け(?)になっているのは、

真っ白な深海生物たち。

 

↓こんな感じ

深海展

 

これは深海ではピッカピカに光るクラゲ。

という説明が映像が、近くのテレビモニターに映ってる。

 

深海について学びたい人にはもってこいの展示だと思う。

 

でっかいダイオウイカも展示されているから、

夏休み中の子どもも喜びそう。

 

 

ただ、わたしの目的は

ビジュアルでのデザインソースを得る」ことだった。

 

というのも実は、

秋のデザインフェスタにユニットで出展することを決めていてね。

 

わたしたちのテーマが「深海生物」だったから、

 これはなんというタイミングなのだ!!

と、大興奮してたの。

 

おかげで “知識” の方でインスパイアされたので、

早速キャンバスに向かっているのだ。

 

 

オススメの時間帯とチケット割引はこれ!

ベストは金曜18時以降!

深海展は金曜夜限定のペアチケットでお得になるよ。

1,600円 ->  1,000円に!

そして金曜は特別20時まで開いている。

深海展の行き方