[パリひとり旅] ゆっくりアートを楽しめるモンマルトル@ダリ美術館

 

ひとり旅でパリに惚れました、絵描きのYukoです。

パリはどこへ行っても観光客だらけ・・・
美術館はゆっくり静かに見たいのに・・・と思っているなら、

ゆっくり鑑賞できる穴場の美術館があるので、おすすめしたいのです!

 

場所はパリの北に位置するエリア、モンマルトル

特に、アーティスト・クリエイター・アート好きな人へ、絶対おすすめしたいエリアでもあるよ。

 

フランス映画「アメリ」の舞台になった街、モンマルトル。

数多くの偉大なアーティストが集まり、アトリエを構え、絵に描いた街

 

アーティストならMUST-SEE!モンマルトルは絶対行くべきだぞ

 

モンマルトルについては別の記事で紹介しているので、

今回はゆっくりできる穴場の美術館ダリ美術館を紹介するよ。

 

 

モンマルトルのダリ美術館ってこんなところ

 

静かな地下の展示室

サクレクール寺院の近くにあって、わたしはアベス駅から歩いて行ったよ。

受付のこじんまりとしたカウンターに1人、
いかにもアート好きそうなおしゃれなパリジェンヌが居た。

 

展示室は地下で、照明は薄明かりで雰囲気がある。

写真撮影はフラッシュ無しにすればOKなのだ。

 

ダリの有名作品がゆっくり観れる

”記憶の固執” @ダリ美術館

ダリは言わずと知れたシュルレアリスムのアーティスト

画家、彫刻家、版画家・・・とマルチに作品を生み出した偉人だよね。

 

このダリ美術館には、ダリの有名作品がコンパクトにまとめられているよ。

ドロっと溶けている時計も、唇のソファも、ヒゲで遊んだ自画像も。

 

不思議の国のアリスをモチーフにしたシリーズも展示されていた。

 

@ダリ美術館

Yuko
濁ったパステルカラーはわたしの好み、ド真ん中だった

 

お土産だけでもOK!ミュージアムショップは入場券なしで入れる

ダリ美術館に併設のミュージアムショップは、入場券なしでも入れるようになってるよ。

おしゃれでユーモアのあるグッズが結構あったので、

アート好きな友だちへのお土産にはピッタリだと思う!

 

ルーヴルとかオルセー美術館のミュージアムショップは、

ほんっっとに人がすごくて、欲しいものを探すのが大変だから・・・

 

ダリ美術館はこじんまりだけど、ゆっくり静かに観たい人におすすめ!

 

パリの美術館で定番のルーヴルやオルセーに比べたら、全然小さい。

でも静かに観たい人には逆にメリットで、そのサイズ感もちょうどいいと思う。

 

ぜひモンマルトル散策コースに〜

ダリ美術館の行き方

住所:11, rue Poulbot, 75018 Paris

最寄駅:地下鉄 アベス(Abbesses)

最新情報は美術館のHPが確実なのでチェックを!