心折れた…イギリス留学中に分かったビザの悲劇

なんだかんだあって、留学中にビザを変えた!

ロンドン留学中に、一生忘れられない出来事が起こった。

それは留学生にとって… いや、外国人にとっての生命線、

ビザの問題だった。

 

わたしのイギリス留学は実際9カ月の短期間だった。

 

それはとても濃密で、今のわたしの一部である大事な時間なのだ。

 

計画ではもう少し長く、
EXTENDED STUDENT VISITOR VISA(留学当時のビザ名)
というビザで、日本を発つ時点では11カ月間滞在する予定だったんだ。

なのに、変更せざるを得ない理由があった。

 

ビザ問題って、個人ではどうしようもないのよ

 

だからこそ!

これからビザを取ろうとしている人には、

留学前にしっかりチェックしていってほしいのだ。

 

留学時にどれにしようかな?と悩んだビザの種類から、

実際に現地で経験した問題解決までをご紹介。

 

留学前に考えたビザの種類

 

そうだ!イギリスに行こう

留学先をイギリスに決めてからまず、「ワーホリ」が候補に上がったよ。

だって行くならできるだけ長く居たい!

 

ワーホリは2年間の滞在中に、働こうが学校へ行こうが自由!最高のビザ。

 

イギリスは人気が高い留学先、ワーホリビザはなんと厳正なる抽選式

結果は….

 

 

あえなく落選。

 

 

よし!学生になろう

 

次に長期間なのが、
わたしが取得したEXTENDED STUDENT VISITOR VISAという学生ビザ (*2012年取得時)。

これは必ずどこかの学生にならなければいけなのだ。

 

元々はファッションデザイナーだったし、
フリーで制作活動をしていたわたしは自然と心惹かれた。

ロンドン芸術大学附属の語学学校に

 

ロンドン芸術大学は、セントラル・セント・マーチンとか、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションなどの6つの学校の連合みたいなもの。

アート・デザイン部門の大学では、世界で5本の指に入るとかなんとか。

中でもセントマは有名校。

 

それが附属の語学学生ならば、
そのすべての学校の短期講座が受けられる

というのだから、迷う理由はないよね。

 

イラストレーションや油絵、工芸…

コースの種類は数えきれないほどだよ。

(うはうは!)

 

色んな先生のクラスを受けるもよし。

時間の許す限り、何度でもいくつでも受けられる。

 

卒業資格はもらえないよ。(degree

たとえ正規の学生とは違っても、
あのセントマのアートクラスが受けられる。

 

決めたときから、ワクワクしてしょうがなかった

 

悲劇は留学後に起こった

それは1ヶ月ほどして・・・

いざイギリスへゆかん〜

 

留学を決めてから、全力で準備したにも関わらず…

英語はてんでダメだった。

 

何言ってるかほとんど分からない状態。。

 

これじゃアートクラスどころじゃない。

 

ううう。

学生時代は国語が一番苦手だったんだから仕方ない。

つまり語学センスが無いのだ…

 

って言ってる場合じゃないよ!

 

無我夢中でやって、なんとか1カ月。

 

多分いける!

よし!秋からのコースに申し込もう!

 

ワクワクしながら学生課へ行って、申請書を出した。

 

 

受理できません。

信じられない。なんと断られた。

そんなはずはない!

 

…学生課のおねいさん、

違う意味であなたが何を言っているのか分かんないよ。

 

「あなたのビザでは受理できない。

諦めるかビザを変えるしかないわね。」

 

まさか。ビザが問題?

 

ってどうしようもないじゃん…

 

とんでもなく難しく、
とてつもなく大きな問題に感じて…

 

無力感しかなかったよ。

 

 

やること1:まずはプロに確認

急いで留学エージェントに連絡して、
状況を話して確認してもらった。

アートクラスが受けられるからこの語学学校にしたのに…
楽しみにしてたのに…

頭の中はそういう心の声でいっぱいになりながら…

 

どうやら、わたしがビザを取得したに、

イギリス側の法律が変わったらしい。

 

発端はロンドンのメトロポリタン大学。

そこでの留学生の管理が甘く、違法滞在者が多数発覚したという事件。

このせいで、国が留学生に対しての規制を厳しくした結果が・・・

 

これ!
なんてこったー。

ビザ取った後に!

いつの間に!

 

では「ビザを変える」となると、
現在のビザを無効にして違う種類のビザを新たに申請する必要があるみたい。

 

それには一旦イギリスを出なければいけない….

 

その上、ビザの選択肢はただ1つ。

6カ月滞在のビザ。

なんてこった。

11ヶ月の滞在でも短いと思ってたのに、
さらに短くしなきゃいけないなんて。

それに書類もまたイチから揃えて…  
(はぁ。)

 

やること2:自分ができる行動にはどんな選択肢が?

わたしの選択肢は3つ。

留学エージェントに事実を確認した後、クラスメイトにも相談したよ。

そしてわたしの選択肢は3つになった。

 

1つめは、諦める。

ビザはそのままでトータル11ヶ月滞在のまま。

授業を受けるにあたって、要求されるビザの条件が厳しくないところへ行く。

 

つまりロンドン芸術大学のクラスは諦めて、
他のアートスクールに行くという選択。

 

ロンドン芸術大学にこだわる必要はないじゃないか。

 

ローカルのアーティストが開いているようなアートスクールで学ぼう。

 

そう語りかける自分が心の中にいた。

 

いっそロンドン在住のアーティストを探して、
弟子入りでもしちゃうか?

 

2つめは、悪いやつ。

ビザの問題はスルーして、予定通りのクラスを受ける。

つまり不正だ。

 

日本人のクラスメイトの中には、

__オンラインで申し込めばバレないこともある

という人もいた。

 

どういうことかというと…

webフォーム上ではビザ名を偽る。

通常、初回のクラスのとき、
留学生はビザの提示を求められることになっている。

けど、先生によってはチェックが甘い場合があるらしい。

 

バレたらアウト。

 

悪いことをしたと名前が残って、
二度と別のコースには参加できないだろう。

 

3つめは、ビザを変える。

やりたかったことをやるために。

正々堂々とビザを変える

 

11ヶ月滞在が6ヶ月になっても。

やっぱり正々堂々とやりたいことをやりたい。

 

選んだのは3つめ。

ビザを変えることにしたよ。

 

ビザに寛大で初心者okなアートスクールも探してみたけど、
入りたいと思うところは見つからなかったんだ。

 

やること3:必要な書類をそろえる

 

ここで親に事情を話して、
日本でしか取得できない証明書類を国際郵便で送ってもらった

(たしか銀行の残高証明だったはず)

 

海外の郵便事情はすっっごく悪いから、
超重要書類が手元に届くまで、もう気が気でなかった。

 

web追跡も日本を出てからは「そのうち配達される」程度で、まったく気休めにもならないもんだ。

 

その間に、こっちの学校側で発行してもらう許可書の申請を進めた。

 

問題発覚から1カ月半くらいして、ようやく手元に書類が揃ったよ。

 

やること4:出国と再入国。ついでに旅する準備

どこでもいいからまず出国!

イギリスを一旦出国しさえすればいい。

国境を越えるときの入国審査で手続きができることが確認できたのだ。

 

留学エージェントの情報だけでは正直心配。

学校でも改めて相談して、
ビザに詳しいアドバイザーを紹介してもらったりして。

 

コストをできるだけ抑えるために、
出国先は近場のフランスにした!

パリ行きのユーロスターと安宿を予約。

これが吉と出るか凶と出るか!

 

旅を楽しむぞぃ

ここまで来たら、
パリ1泊旅行だと思って楽しむしかないさ!

 

 

出国したら、鬼門は帰りの国境だけだ。

 

12月初旬、
クリスマスムードの最高にキラキラしたパリ。

わたしは人生2度めのパリを思う存分楽しんだ。

 

でも翌日、
鬼門の国境で大変なことになるんだな 。

 

つづきはまた今度に。

 

<関連記事>

つづきのストーリーはこちら

まさかの国境ぎわでガチンコバトル!ビザを変えるのは本当に大変だった