わたしが25歳の留学先にイギリスを選んだ理由

会社を辞めてフリーでの制作活動ののち、
25歳でロンドンへ短期留学してきました。

25歳の社会人留学。

なぜイギリスだったのか?
なぜロンドンにしたのか?

決めた理由をお伝えしまっす。
留学先を迷ってる人の参考になればうれしい!

イギリスにした理由1:英語圏だから

なにをするにも言語でしょ

正直フランスと迷ってた。
パリ一人旅へ行ったとき本当に心ときめいたんだもん。

惚れた。

完全に感覚で。

 

試しにフランス語をやってみようと、
本を買ってみたんだけど

絶望的。。。

全く頭に入ってこなかった・・・

 

 

よし英語圏にしよう!

英語なら中学校からやってるはずだぞ。
勉強すれば何とかなるかな。
ということで、ひとまず英語圏で決定したよ。

イギリスにした理由2:ヨーロッパのアートのが好き

語学プラスアルファが大事

わたしの場合はアートだった。

 

この語学プラスアルファ
実は留学を失敗させないために、とっても大事よ!

なのでちょっと長いけどしっかり説明させてほしい。

留学中に挫折しないためにも、
なにかひとつ自分が「好き」で継続できることがあった方が絶対にいい!

とわたしは思ってる。

まず、モチベーションをキープできる。

だけじゃなく!
自分の得意な話題があると、いざというとき効いてくる。

 

わたしたち日本人は、

“英語って単語覚えたり文法を知らないとできない”
“間違った英語を話すのは恥ずかしい”

みたいな固定観念が子どもの頃からあるよね。

 

英語に対する苦手意識が半っ端じゃない。
少なくともわたしはそうだった。

いくら勉強しても現地で必ず心折れる

 

 

 

ところが、
自分は絵が好きだから絵の話ならできる。

つたない英語でも、スマホで写真をググって使いながら話せる。

“あれいいよね!”
“あの美術館行った?”

という風に会話のネタに困らないし。

そして格段に会話が楽しい!
と、話せなくて苦しい時期には改めて思ったものだ。

 

さらにいうならば、
自分がリアルに使いたいボキャブラリーは圧倒的に覚えも早いのだ。

「透明」「半透明」なんて単語は、
辞書からは覚えられなかったと思う。

油絵のクラスで出てきたからすぐ覚えられたよ。

文字の羅列の英語を覚えようとするよりも
「なにか」を通して覚える方が格段に早く、楽しいからだ。

 

短期留学で確実に英語ができるようになるためには!
以下の記事の中で –>

「留学して人生変わった」短期留学でも英語ができるようになる3つの方法

 

アメリカ vs.ヨーロッパ、実際に行って感じて

「英語+アート」が留学のテーマになった。

それでなぜアメリカじゃないかって?
ニューヨークもあるじゃないか!

理由は・・・

 

 

なんとなく
ヨーロッパのが好きだから!

実際にニューヨーク2週間、パリ1週間と、じっくり旅して体感したし。

そこは理屈じゃなくて感覚だよね。

 

イギリス (ロンドン)にした理由3:行きたい学校があった

大学に行くお金はない、けど・・・

わたしの場合、自分の貯金が留学資金。
大学へ正規留学するお金の余裕はなかった。

大学が候補から外れると、次は語学学校という選択肢。

イギリス国内でもたくさん都市がある中でなぜロンドンなのか?

調べて候補にあがったのが、
ロンドン芸術大学附属の語学学校

そこの学生になると、セントラルセントマーチンやチェルシーカレッジオブアーツのクラスが受けられるらしい!
(*正規留学のクラスと同じではない)

かつてファッションデザイナーを目指してた頃、
遠い遠い雲の上の存在のセントマ。

 

 

“あの超名門セントマのクラスって一体どんなだろう?”

考えるだけでワクワク・・・

 

心動きました。決めました。

 

おまけ:イギリス訛りは大丈夫?

No Problem!

英語圏でも国によってクセがあるのは知ってるよね。
留学先を決めるときに悩む人も多いと思う。

もしあなたが現在英語がペラペラじゃなく、
20歳を越えているのだとしたら、

気にせず好きな国に行くのが一番だ!

 

英語の訛りとかあんまり気にしなくていいんじゃないかな?
もう日本語の耳が出来上がってるからね。
今更ですよ。

アメリカ訛りもイギリス訛りもオーストラリア訛りも、英語は英語。

行った国が好きならば、
その国の訛りも好きになるのだ。

 

最後は自分なりの理由で

そんな具合で、わたしはロンドン留学を決めたのだった。

同じ英語圏でも「語学+アルファ」のところがミソ。
あなたが何に興味があるかで行く国が変わると思う。

例えば自然が好きなら、オーストラリアとかニュージーランドはとても良いだろうし。

 

理屈でも感覚でも、あなたが納得いくまで考えて決めた留学は、必ず価値あるものになる!

 

<オススメ記事>

社会人になってから留学して変わった7つのこと