実際に行った!ロンドンおすすめ画材屋さん3選

アーティストなら画材屋さんは何時間でもいられる楽しくて楽しくて仕方ない場所なはず。

数年前に住んでいたイギリス ロンドンでも同じ。

毎週クラスの前には画材屋さんへ通っていたよ。

事情があってロンドン滞在はか月だけだったけど、
セントラルセントマーチンのアートクラスとか、
現地のクラスにたくさん参加してた。

当時は画材の知識もほとんど無くて、イーゼルの立て方もわからなかったのさ。
油絵なんて全くの初心者。
画材を揃えるところからのスタートだったよ。

加えて、英語もまだまだ片言・・・

そんな状態のわたしでも、店員さんが助けてくれる、
ロンドンでオススメの画材屋さんつをご紹介。

LONDON GRAPHIC CENTRE

便利さ、親切さ、品揃え

ロンドンで初めて行った画材屋さんがココ!
理由は学校で紹介されたから。

市内中心部で駅近、とロケーションは抜群。
品揃えも間違いない。
なのでここの値段が一番高かった・・・

けど、店員さんはきっと万人に親切にしてくれる。
そんな印象だった。
全くの初心者がゼロから買い揃えるのをイヤな顔せず手伝ってくれるはず。

わたしも、学校から届いたメールの
「クラス初日の持ち物リスト」を片手にウロウロとしてお世話になった画材屋さん。

英語は片言だし、画材は知らないくせに細かいジャパニーズの小娘は、さぞめんどくさかったに違いない・・・
けど終始とっても親切に付き合ってくれたのだ。

オススメPoint

初心者にやさしい

品揃え:大満足
学割:あり(STUDENT DAYという特別セールがある)
Location:Covent Garden
HP:http://www.londongraphics.co.uk/our-store
↑お店の写真が載ってるので、雰囲気がわかるはず。

COWLING & WILCOX

量が必要だけど予算が・・・ならばココ!

 

この画材屋さんは街中の小さいショップ。

何よりキャンバスがずば抜けて安ーい!

おそらくロンドンリーズナブル!

ラッキーなことに、ロンドン現地住民が教えてくれた穴場だった!
(今では多店舗になっているみたいね)

 

たまたま行った靴屋さんで、偶然出来た友だち。
たまたま店員さんと仲良くなって、
そのうち毎週会うような友だちになっちゃったんだ。

靴を買わなかったにも関わらずw

 

話を戻して・・・ここは筆も安い!
水彩用の筆はここでごっそり買ったよ。

ここに欲しいものが置いてあるなら、間違いなくここで買お!
安く買えた分、他の画材が買えるのだー。

オススメPoint

キャンバスを買うならここだ!

品揃え:ほぼ揃う
学割:あり
Location:ロンドン市内数店舗
HPhttps://www.cowlingandwilcox.com/stores

CASS ART

選ぶことにこだわりたい、中級者向けショップ

 

ハイソなエリア、Islingtonにあるレンガ造りのセンスのいい画材屋さん。

“Let’s fill this town with artists!”
(この街中をアーティストに!)
がポリシーのアーティストにやさしいショップ

ロンドン以外にも国内各地に数店舗あるみたい。

わたしが通ったのはIslingtonのショップ。
階建プラス地下フロアの広い店内の品揃えはピカイチ。

ありすぎて違いが分からないくらいなのでわたしは中級者向けだと思う。

店員さんもアーティストだったり、
美大生だったりで専門知識があるので、
その違いを教えてくれるのが頼もしいところ。

 

画材の他にもおすすめなのは、
アート関連の本、それと地下のキッズ向けコーナー!
子ども用のクリエイティブな遊びができるグッズがたくさんあるよ。

わたしはここでScratch boardを購入。

大人でもかんたんにアートが楽しめるアイテムがたくさんで。
画材屋さんってやっぱり楽しいわ。

オススメPoint

世界堂的な楽しさがある充実さ

品揃え:大満足
学割:あり
LocationIslington
HPhttps://www.cassart.co.uk/locations

 

CASS ARTの動画がこちら。

 

これをみると、アートは難しいものじゃなくて身近なもので楽しいものなんだ!
というのを伝えていて、なぜだか嬉しくなるのだ。

だれでもアーティストになれるんだーって言ってる気がして。

 

<留学中に読むべき記事>

「留学して人生変わった」短期留学でも英語ができるようになる3つの方法

<アーティストに読んで欲しい記事>

まちがえないで!成功と幸福は違うということ

アートの才能が無いと嘆く前に ….「自分の感受性くらい」