好きなことを仕事にする?それとも安定?どっちも経験した元デザイナーが勝手に語る(後編)

わたしは元ファッションデザイナーであり、元事務職でもある。

好きなことを仕事にできたけど辞めて、あえて安定した仕事を選んでは辞め…

ジプシーのような人生でございまする。

そんで今は、どっちもやってる「パラレルワーカー」。

 

 

好きなことVS.安定の仕事 ここに書いてるのは冷静な実体験

 

この記事は「好きな仕事と安定した仕事・・・ 自分は一体どうしたいんだ〜〜〜?!」

って悩むくらい自分の「好きなこと」を持っている人向けに発信している、

わたしの正直な体験談です!

 

かつて同じ悩みで苦しんだので、どうもが想いが強すぎて話が長くなってしまった(・_・)

そのため前編と後編に分けちゃったので、ちょっとめんどくさいかもだけど前編も合わせて

あなたの参考になればうれしいです!

 

好きなことじゃないけど安定した仕事選んで思った!いいこと・悪いこと

 

好きなことじゃないけど安定した仕事のいいこと

1・お金。毎月の固定給。来月どうしよう・・・からの解放

安定した仕事っていうのは、別に高給の仕事じゃないよ?

だって好きなことじゃないのに高給取りのエキスパートにはなれない。

でも一般事務・正社員なら贅沢しないけど安定した生活はできる。

※一般事務職の平均年収は300万くらい。それなりにお金の自己管理が必要なのはもちろんですな!

一人暮らしもできるし、たまに旅行にだって行ける。

 

好きじゃなくても安定する仕事を選ぶメリットは、これが1番大きいんじゃないかな?

一時期、フリーで活動してた頃は、本気の本気で来月のお金が心配だったのだ〜。

 

2・なによりも効率重視!わり切れるから仕事が早く終わる

 

事務ならば、わたしの仕事はこれとそれ。

ミッションがハッキリしているから、最適に最速に仕上げることに集中すればいい

(冷たく聞こえるけど、まさに “割り切る” ってこういうことか〜って思ったのだ)

残業して自分の時間が減るくらいなら、1分でも効率よく終わらすべく、

自然と努力をするようになる。

 

デザイナーの時に、ダスティピンクがいいか、モーヴピンクがいいか… って

こだわり抜いて感覚的な答えを探すこともない。

 

3・仕事がすべてじゃないから、余裕ができる

仕事が全てじゃない。わたしには別の「好きなこと」があるのだ。

別なところに心のよりどころがあるから、大失敗しちゃっても、
「絶望… もうわたし立ち直れない… orz 」なんてことはない。

と、思う。

 

たまに脳ミソではへっちゃらだぜ!と思ってても、無意識に体にガタがくることはあるけど(・_・)… 多分 気のせいだ!

 

 

 

 

4・人間関係の幅が広がる!

好きなことを仕事をすると、その環境には興味関心が似たような人が集まりやすいもの。

デザイナーの時は特にそうだった。

 

全くちがう業界で事務職やってみると、今までの自分のコミュニティと全く違う人たちとコミュニケーションすることができた。

 

会社役員の人とか、バッキバキの営業の人とか、キレッキレのコンサルタントっぽい人とか…(笑)

デザイナー続けてたら絶対絶対会うことがなかったと思う。

 

 

好きなことじゃないけど安定した仕事の悪いこと

 

1・飽きる

データ入力とか、コーヒーの準備とか… 正直飽きる。

そしてふと我に帰ったとき・・・思ってはいけない考えが浮かぶ。

 

(・_・)

だれでもできるこの仕事、自分はいつまで続けられるんだろう?

 

 

でも仕事だから、お給料もらってるから、ガマンなのだ!

「自分に言い聞かせる」これに尽きる。

 

2・本当にこれでいいのか?っていつも思ってしまう

フルタイムの仕事なら1日8時間。

通勤も含めたら1日のほとんどを使うことになるよね。

疲れ果てて、もう力が残ってないよ〜 バタっ。

と家に帰った日、特に思ってしまう。

 

 “ … このままでいいのかな?”

 

だって、自分の「好きなこと」を知っていて、それを思いっきりやりたい自分を抑えてるから。

 

その分、行動と感情に矛盾があるからモヤモヤしてるし、なんだか自分に自信が持てなかったりする。

 

さて、どっちがいいと思う?

 

以上がどっちも実際に経験したわたしの、好きじゃないけど安定した仕事のいいとこ&悪いとこ、正直な感想でした!

ここまで読んでくれてありがとうございますです。

 

納得する選択を。

結局のところ、選ぶのはあなたで、選んだ人生を続けていくのもあなた。

自分が納得できるようなチョイスをすることが、日々の幸福感につながるんだと

わたしは転職をくりかえし経験して学びました。

 

どっちも自分次第

好きなことを仕事にするにしても、会社なり何かに「雇われている」以上、仕方ないことはあるんだよね。

好きなことを仕事にしても、安定の仕事をしても、いいこと&悪いことは自分の “メンタル面” 。

 

だからこそ、好きな仕事にしても、安定した仕事にしても、

悪い気持ちになったときに、どうやってクリーンな気持ちにするか?

その仕事を「続けたい」という気持ちを、自分で応急処置できるかが大事だったんだなぁ。

 

 

わたしはアドラー心理学がかなり役に立っていて、今は人生で一番クリーンな気持ちで毎日過ごせています。

 

わたしのパラレルワーカーという選択

 

どっちかじゃなくて両方!

「アートをやりたい」「絵を描きたい」という気持ちに素直になり、

作品をイベントで展示したり、海外のクライアントさん向けに絵描きの仕事をしつつ、

会社員として事務系の仕事もしているよ。

かなり自由な会社に運よく出会えたこともあって、ムリな残業もなく健全でございます。

 

ゆくゆくは絵描き一本になることが目標でっせ!

 

どんな形でも、好きなことをしたい

このサイトでは、どんな形でも「好きなことして生きてきたい!」と思う人に役立つような記事を発信しているよ。

 

同じ立場だからこそ、感じる悩みや不安を少なくすることができれば嬉しいな。

と思っているので、また別の記事でお会いしましょ〜

Yuko(@uu_yu)でした

 

好きなことを仕事にする?それとも安定?どっちも経験した元デザイナーが勝手に語る(前編)

【幸福度UP】自分の幸せのカタチが分かる方法

Yuko
✔メルマガ準備中

ブログでは書けないこと、絵描き&会社員のパラレルワーカー事情をメルマガで配信しようと思います!ただ今 準備中なのでしばしお待ちを。