忙しくても今すぐできる!どうやって時間をつくってパラレルワーカーしてるのか?の話

現在絵描きと会社員でパラレルワーカーしているYuko (@uu_yu) です。

「あなたが今、足りないと思うものは?」という街頭アンケートで、ほとんどの人が「時間」と答えるそうだ。

やるべきことも、やりたいことも、たくさんある。わたしたちはいつも忙しいよね。

 

2つの仕事をするパラレルワーカーだと、どうやって時間をつくるかが超重要!
今でも1番の課題なのだ。

そうそう、2つの仕事といえば「子育て」と「会社員」だって同じことだよね。って
この前フリーランスのデザイナーでママの友だちに会って思いました。

ワーキングママの友だちも、時間を作るのが大変だ〜!と嘆いてたぞ

ちょっとした工夫で時間はつくれる!

でもね、好きなことやりたいのに、忙しくて時間が過ぎて行くのはもどかしい!

もっと本格的に絵描き活動したいのに、絵を描く時間が足りないぞ!

と、本気で焦ったので、すぐに出来る小さいことから実践したのです。

そしたら絵描きの仕事も出来るようになって、今んところ順調にパラレルワーカーできてるよ。

Yuko
面倒くさがりのわたしが出来たので、誰でもできると思う

なので今日はわたしの話を少し、なかなか時間がつくれない人に向けて、

どうやって時間を作って、好きなこと(絵描き活動)をしているのか?

を書きたいと思います。

 

【実践前】絵描き活動が趣味の範囲だった頃

日常で食いつぶされる時間…。“時間があれば” 絵を描いていた

あたり前なことだけど、時間は平等にみんな1日24時間。

会社員はフルタイムだから早くても6時過ぎに会社を出る感じかな。
会社から帰って、スーパーへ寄って食事を作って、、平日の1日はあっという間だった

たまに飲みに行った平日は、「そろそろ帰りたいな… 」って思いながらも(大勢が苦手だから、飲み会は2時間くらいで疲れるのだ…)、空気的になんとな〜くダラダラと遅くまで長居してた。

休みの日にまとめて洗濯とか掃除したり、だらだらもしたいし、遊びにも出掛ける。

そして “時間があれば” 絵を描く

 

これがホントの、正直なところだった。

 

本気で絵描き活動始めたいのに…

もっと絵をやりたいのに!って気持ちがありながらも、日常に食いつぶされる時間、毎日、1年。

ちょっと待て、これじゃいかん。

30歳になる手前で、今まで何度もトライしては挫折してたけど、ほんとの本気で絵描き活動したい!と思い始めたのです。

 

まずは、どうして忙しいのか?自分がつかう時間の整理をしてみた!

忙しいと思い込んでるだけかも?今どんだけの時間つかってる?

会社員だと、どうしても不可抗力な時間の縛りがある。

パラレルワーカーと言えど、単純に拘束時間だけで考えるとこっちのが多いわね。

まずは、どうしても変えられない時間を知ることから!

通勤時間と勤務時間@会社

  • 通勤時間 → 往復2時間
  • 勤務時間 → 8.5時間
  • 残業時間 → 0.5時間〜1.5時間

1日で家を出てから帰るまで=> ミニマム 11〜12時間
1週間だと x5日=> 約55〜60時間

ひぃーーー。しかも、ランチはほぼデスクで速攻で済ませて仕事するってパターンの職場でね。

帰宅時には目がギンギンでぐったりなのだ。

 

それは本当に自分に必要な時間?欲してる?自分を大事にする考え方で増える時間

 

何かを選ぶということは何かを捨てるということ

人生の地図 高橋歩 著のことば

 

時間には限りがあるのだから… ということで取捨選択をする考え方になってくる。

そうすると、自分を大事にすることができる。

変えられないと思っていた時間でも自分のために変えられるようになるのだ。

 

わたしが変わったのは、

「周りのみんなが忙しくしてるからって、速攻ランチ→即仕事って昼休みの過ごし方、おかしくないか?」って思うこと。

もちろん忙しい日は仕方ないけど、不要な時は堂々と1時間のランチ休憩しよう。

帰宅時のエネルギーが今よりも残っていれば、帰宅後の時間のつかいかたも変えられる。

不要なものを捨てる!オススメの考え方
人にどう思われているかを気にしない!アドラー心理学

 

時間をつくるために、わたしが辞めたこと

時間をつくるために、自分にとって要らなかったこと・ものを減らしたよ。

人からどう見えているかは捨てて、わたしのやるべき仕事をしっかりやればいいだけだな!って思ったら、結構いろいろ減らせたのです。

辞めたこと・減らした時間
  • 「帰りづらい」が理由の残業
  • ランチ休憩中の仕事
  • 付き合いだけの飲み会・二次会
  • テレビ・ネットを見る時間

なんかこのリストを会社の人が見たら誤解を生みそうだけど(・・;)ふつうに仲良くやってます。

疲れて帰ると、なんとなくグデ〜っとしてテレビとかネット見てる時間は、しっかり時間で区切ってストップすることにした。

 

他にも間接的に役立ったことはライフスタイルの変化

「日常を見直して時間をつくるぞ!」って意識したこと以外にも、同じようなタイミングで別の目的で変わった日常もあった。

そういうのが時短になったり、いい影響を与えたのもあって、結果的に絵描き活動につかえる時間が増えたんだと思う。

多分いい影響を与えたのは・・・

  • ミニマリスト的になった
  • IT環境をよくしたこと
  • Twitterを再開して情報収集しはじめたこと
  • スケジュール管理をアナログのノートに戻したこと
     

ミニマリストっていいな

特に所有するモノを減らすミニマリストっていいな〜って思って、徐々に服とか化粧品とか減らしてたの。

ファッションは好きなのでクローゼットが7着です!みたいな完全なミニマリストではないけど、だ〜いぶ減ったのだ。

服が減れば、毎朝コーデに悩む時間も減る。

化粧品を厳選すれば、スキンケア&メイクにかかる時間も減る。

ミニマリストしぶさんのスタイルは、とても明確で分かりやすくて、Twitterでの情報発信はいつもチェックしています!

 

自分を大事にする考え方で、時間をつくる!

まとめると、自分には何が必要で何が要らないものなのか、考え直してみることが1番効くと思う。

ここまで読んでくれているあなたの目的は、わたしのように好きなことをする時間をつくることかもしれないし、家族のための時間を増やすことかもしれない。

もしくは、日常の基本(食べる・寝るなど)の時間を豊かするためかもしれない。

 

いずれにせよ、自分にとってそれほど大事でないものは、思い切って手放してみる。

要らないものにかけていた時間とエネルギーを、本当に大事なものに回すことができるのだ

 

人は多くを願うが、彼に必要なものはごくわずかなのである。

人生は短く、人間の運命には限りがあるのだから。

ゲーテのことば

この記事にたまたま訪れてくれたのをきっかけに、あなたのライフスタイルがちょっとづつ良くなることを願っています。